久しぶりに野良猫クロちゃんに会えました!

久しぶりでクロちゃんに会えました。

下の画像は、夏だったので、このように刈られた草の所で撮れましたが、

今は寒いシーズンなので、この辺りはうっそうと草の生えた土手になっていて、
この辺りにいることは稀です。

それが、午後の4時半をすぎたころこの辺りを通りかかったら、土手の草むらの方で声がしたのです。

黒ちゃん

クロちゃんでした。

2週間ぶりですね。

もしかしたらと、橋を渡り、暖かいシーズンには土手のこの辺りを住み家にしているクロちゃんに会えるかもと、
行ってみるのですが。ほとんど会えずじまいです。

それが、
お腹が空いていたのでしょう。

私の姿を見て、声をしぼって鳴きながら見上げているのです。草の合間から。

そろそろ餌をあげるおばちゃんが来るころなので、
お腹を空かせて、
待ち構えていたんですね。

以前、餌を持参して行ったのですが、
そうした時はいたことがありません。

それ以外の日で、
その辺りに行って、
「クロちゃん!」と呼ぶので、
私のことを憶えているのですね。

私の前に通り過ごした人には鳴かなかったのに、
私の姿を見て、声をふりしぼって呼んだのです。

「もう少しでおばちゃんが来るからね」
「ニャン」
「お腹すいたね」
「ニャン」

このクロちゃんは、
ほかの猫より短く「ニャン」と鳴くのが特徴です。

愛おしいネコちゃんです。

雨や雪の日は、橋の下や、
側の健康センターの軒下とかで凌いでいるのでしょう。

陽が射して、少しだけ暖かかったので、
出て来ていたのですね。

餌やりのおばちゃんが現れ、周囲を見回していると、
察知してどこからともなく現れるのですね。

この辺りは、人が食べ物を持っていかないと、餌はないですから。

以前飼われていて、
ある日、捨てられたネコちゃんたちが、この川の周辺に、十数匹います。

Sponsored Links

テーマ : ノラ猫のくらし - ジャンル : ペット

人の赤ちゃんを救った野良猫!

ロシアで、
氷点下に置き去りにされた赤ん坊を、野良猫があたためて救ったという、

時事通信配信の記事、私も読みました。

ロシア南西部カルーガ州オブニンスクで、
アパートの廊下に置き去りにされた赤ん坊を野良猫が温め、
凍死の危機から救う出来事があったと、地元テレビが報じたとのこと。

先ず、置き去りにした人の事情を考えましたね。

そして、それとは無関係に赤ん坊に寄り添った猫のこと。

その猫と人が、何らかの関係があったのかもしれませんが、
そこまでは報じていないので分かりませんが。

アパートの住人が、
「苦しんでいるような猫の鳴き声」を聞いてドアを開けたところ、赤ん坊が置き去りにされ、そばに寄り添った猫がなめたり、あたためたりしているのを見たというのですね。

気温は氷点下。

赤ん坊は数時間にわたり放置されていたらしく、住人らは、猫が世話をしなければ助からなかっただろう、と。

駆け付けた救急隊員が赤ん坊を搬送する際、猫は心配そうな様子でついていったということです。
 
赤ん坊は生後2~3カ月とみられ、健康に問題はなかった。良かったですね!

警察が親の行方を捜しているといいますが・・。

猫は、
「マーシャ」と名付けられ、
玄関ホールの段ボール箱に住むことが認められたそうです。 

どんな猫ちゃんか、会ってみたいですね。
そして、撫でてあげたいです。

★下のブログに動画があります。 
マーシャ

と名付けられたそうです!

Sponsored Links

テーマ : ノラ猫のくらし - ジャンル : ペット

野良猫・マーシャと救われた赤ちゃん!

野良猫が救った赤ちゃんの命!

ロシアのアパートの部屋の前に、箱に入れられ置き去りにされた赤ちゃんを救ったのは、

ノラ猫だった。

ー猫には「マーシャ」という名が付けられ、現在は、赤ちゃんが入れられていたアパートの部屋の前のダンボールに住んでいるという(動画は以下)ー
★野良猫・マーシャは赤ちゃんを救った!


氷点下の寒さから、ふさふさのヘアで赤ちゃんを守り、鳴き声で住人に知らせたという。

無事に保護された赤ちゃんは、

今は健康で元気。

全国から赤ちゃんと猫を支援したいという問い合わせがつづいているという。

★野良猫・マーシャは赤ちゃんを救った!

★バレンタイン&グルメ

Sponsored Links

テーマ : ノラ猫のくらし - ジャンル : ペット

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ