餌だけは、冬場のノラちゃん

今年は暖冬予想だったけれど、

このところの一週間は雪も降り、寒くて本格的な冷えに被われていますね。

それでも、
一昨日、いつもウォーキングで行く新横浜の川の側のコンクリート上で、
日向ぼっこをしている、
野良ちゃんの、黒ちゃんを見かけ、
声をかけたのですが、
このところ、しばらく見かけなかったので、
見向きもしませんでしたね。

夕日も雲で覆われて陰り、陽の光は見えなかったのですが、
動くのが面倒というか、
そこより暖かそうな場所がないのか、
そうしている感じでしたね。

元気そうだったから、
餌やりのおばちゃんは、欠かさず自転車で運んでくれているのでしょう。

野良ちゃんと言っても、餌をもらえないよりはもらえた方が良いに決まっていますよね。

近場で残飯も出るような所もないし、
ネズミを捕るパワーもないでしょうから。

元気そうな姿が見られただけでも、幸せです。

Sponsored Links

テーマ : ノラ猫のくらし - ジャンル : ペット

猫の気持ち

ある方のブログを読んでいて、

うちのネコ。人を癒すだけでなく、自分も癒されたいんだ、

というフレーズがありました。

確かに。

猫ちゃんも、安らぎを得たいのだと思いますね。

必要以上に干渉し合うのでなく、

相手が必要なとき、
そうした時が、人にも猫にもあるんですよね。

人の気持ちも分かりあいたいけれど、

猫の気持ちも人は分かってやることが、ネコちゃんにも癒しを返してあげられることに。

飼い主が餌を与えるけれど、

ネコちゃんもいっぱい幸せを与えてくれる。

同じ一つの命、
一度の人生、猫生。

Sponsored Links

テーマ : ねこ - ジャンル : ペット

「セラピー猫」に、介護施設に貸し出し

元捨て猫がセラピー猫に!ヨミドクターより

◆「殺処分ゼロ」目指す 猫カフェで飼い主募集

 捨て猫を引き取り、飼い主を募集する猫カフェは各地に広がっているという。

 福岡市の「キューリグ大名店」「キューリグザロフト」は2008年と09年に相次いで開店。

オーナーの野村かやのさん(47)らが500~600匹の猫を保護し、癒やしを提供してきた。

店が運営費の一部を賄うために募っている寄付金も年々増えている。

この2店には「同居する70歳代の母が猫をかわいがることで元気になった」といった声が寄せられており、今後は専用スペースの設置など条件付きで、高齢者の世帯や施設への譲渡を検討するという。

野村さんは「助かる猫が増えるだけでなく、高齢者の気持ちも前向きになり、一石二鳥だ」と。

 福岡県内では、福岡市が2013年11月に「犬猫殺処分ゼロへの誓い」を宣言するなど、各自治体が対策を強化。

県内で殺処分される猫は04年度の1万1746匹から、13年度は4790匹まで減少した。

熊本市の「キャットシェルターかごにゃん」は、
2店舗で約60匹が客を迎える。

ほとんどが路上で保護された。

店主の西嶋智史さん(31)は「野良猫に会いに来る人がいるのかと思ったが、不幸な猫がたくさんいることを知ってもらうきっかけになった」と。   ヨミドクターより

同じ一つの命。殺処分でなく、飼ってくれる人がいたらうれしく、有難いですね。今では飼える状況にないですが、子供の頃飼っていたネコちゃんのことを思い出します。

Sponsored Links

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

バリケードに被われ、猫ちゃんは・・

私の暮らす大規模集合住宅は、

現在全面外壁塗装で、バリケードに被われた箱のようです。

鍵をかけ、カーテンを引き、ただでさえバリケードの覆いで暗いのに、

安全のためにそうせざるを得ません。

人間もですが、
室内で飼われているペットであるネコちゃんワンちゃんも同様。

下の階のチャコちゃんの姿も見かけることはなくなっています。

今年は、暖冬なのかな・・

2016年も幕が開けたと思ったら、
もう、勤務が始まっている人も多いことでしょう。

Sponsored Links

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ