公園に捨てられた子猫のゆくえ

白ちゃんの暮らしぶりも変わったようです。

siro.jpg


※上記白ちゃん画像は、2週間余り前のもので、
そのころは、新横浜駅前公園の高圧線の鉄塔の下辺りをすみかにしていました。


ここ数日、その辺りに見かけなくなったので、

もしや、と思い、鳥山川の向こうを見て回りました。

その辺にはサツキか何かの生垣がつづいていて、別のノラちゃんたちが雨風を避けてその下に数匹いて、
そこへ餌をやりに行っているおばちゃんや青年の姿を見かけたことがあったからです。

数日前には、青年が持って行ったのか、段ボールをビニールで覆ったようなのが置かれ、そこで青年が話しかけながら餌をやっているのを見かけました。その日、白ちゃんはまだ、鉄塔の下にいたのですが。段ボールは、向こう側に穴が開いていて、ネコちゃんが入れるようになっているのかもしれません。

o0300022512418065500[1]



※上の画像の右に太いポールが立っていますね。その向こうにフェンスがつづいていますが、
フェンスの下を鳥山川が流れています。

画像で、フェンスの真ん中辺が切れたようになっていて、そこに丸い樹木の緑が見えますでしょうか。
切れたようになっている箇所から向こうへ道が伸びているのですが、丸い樹木の緑の右下辺りが、ネコちゃんの住みかになっています。込み入った生垣があるのですが、晴れると日当たりも良く、風もさえぎられる場所なのかもしれませんね。

そこに、あの白ちゃんが、ほかのネコちゃんたちと一緒にいるところを見たのです。
「白ちゃん」と道の上から呼ぶと、ちらっと見たのですが、距離もありますし、餌をくれる青年やおばちゃんではないので、すぐ物陰に姿をくらましてしまいました。

急なコンクリートの土手を下りて、白ちゃんの側まで行って呼べば来てくれたかもしれませんが、入れ代わり立ち代わり現れる人間たちだから、いつも餌を携えて行く人の方へ走っていくのがネコの気持ちですよね。

しかし、そうして暮らしていく術を身につけたのであれば、昨年末に捨てられた子供の白ちゃん、これからもやっていかれるでしょう。人より一生が短い分、ネコちゃんの成長はずっと早いですから。

Sponsored Links

<< このところ見えない白ちゃん  【BACK TO HOME】  白ちゃんと黒ちゃん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ