このところ見えない白ちゃん

この一週間ほど、

昨年暮れに捨てられた白ちゃんが見えなくなりました。

真っ白なネコちゃんは、高圧線の下あたりにいたり、川の土手を歩いているのですが、

ほっぺの部分に茶色が混じっていて、尻尾の長い愛らしいネコちゃんを私は「白ちゃん」と呼んでいるのですが、見えなくなってしまいました。

あのネコがそうかな? と川向うの生垣の下に数匹いるネコの一匹を、白ちゃんだと思ったのですが、
出てきたところを目を凝らして眺めてみると、茶色の部分があちこちにあり、尻尾も短く切られているので、
白ちゃんではないことが判明。

最近は、全身が黒く艶のあるヘアで、チャーミングな目をした黒ちゃんの姿も見当たりませんね。
(昨日午後4時頃、黒ちゃんがいつもすみかにしているの生垣の下にいるところを見つけ、声をかけると返事をかえしてくれました)

居場所を変えたとも思えるけれど、誰かが家に連れて行ったとも考えられます。

いつも自転車で来て、猫たちに餌をあげているおばちゃんに訊いてみようと、タイミングを見計らっていたのですが、別の女性が来合せて、二人でずっと何か話し込んでいたので、ダメでした。

今度会ったら尋ねてみようと思っています。

誰か家の状況が許すネコ好きの人が飼ってくれれば、一番ありがたいことですが。


IMG_0065[1]


2月の陽が射していた日に、ベンチに掛け私が呼んだ時、隣りのベンチにいた白ちゃんがじっと私の目を見てから、一声鳴いて、すっと私の膝の上にのってきて、10分ほど膝を折り尻尾を丸めて座ったことを思い出します。

捨てられてそれほど長くたっていない白ちゃんはヘアも比較的きれいでした。最近まで飼われていたまだ子供の顔をした白ちゃんの体温が伝わってきたことを思い出します。


Sponsored Links

<< やっぱり白ちゃんを連れて行った人がいたんだ・・  【BACK TO HOME】  公園に捨てられた子猫のゆくえ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ