ネコや動物たちの思い出

cat.jpg

子供の頃は、

動物が身近にいましたが、

現在は、ペットを飼える状況には
ないので、

ウォーキング時に公園内や
川べりで出合う野良猫に
声をかけることが多いです。

しっかりとネコの目を見て数回呼ぶと、
ちゃんと応えてくれるネコが多いですね。

生家は農家で、
犬、ねこ、ヤギ、鶏、うさぎ、牛一頭、
そして時には、
父が負傷しながらも捕獲してきた鷹
などがいましたね。

しかし、
一番身近で癒してくれたのは、
猫でした。

その猫は、
今でいう、皮膚がんのようで、
背中に穴があき、やがて、
行方が分からなくなりました。

当時その地方には、
獣医さんはまったくいませんでした。

牛は売られてゆく時、
悲しくて涙が出ました。
草の餌やりもしていたんです。

猫の場合は、
雨が降った時など、
泥足で夜中に布団へ潜り込んできましたね。
土の臭いを思い出します。

落ち着くと、
いつもグルグルと喉を鳴らし、
こちらも安心しますね。

Sponsored Links

テーマ : ノラ猫のくらし - ジャンル : ペット

  【BACK TO HOME】  むくむくに太ったクロちゃん! >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP