コオロギ鳴いて秋の声ーノラちゃんも

残暑が続いていますが、
そうは言ってもコオロギの鳴き声がして少し秋めいて来ましたね。
朝晩は長袖でもいられるようになりましたから。

柿の実も黄色く色づき、秋の贈り物がいっぱい。
ぶどうも食べたいけれど、私には高いので手が出ません。
子供の頃は、生家の庭にぶどうの木があって、
時期が来ると食べられたのに。

左サイドバーのチャコちゃんも、
暑さを避けてコンクリートの日陰にいる、
といった姿が見られなくなりましたね。

昨日の夕方近く、ウォーキングに行った川べりで、
ノラちゃんの黒ちゃんに会えました。

夕ご飯を届けてくれるおばちゃんがまだ来ていないようで、
満たされていれば呼んでも無視しているのに、
「ニャン」と短い個性的な声で、何度も私を見て鳴くのです。

「おばちゃん、早く来てくれるといいねぇ」

「ニャン!」

このように短く応えるネコちゃんはほかにはいません。
チャコは、ニャ~ン、と伸ばして鳴きます。

黒ちゃんは、捨てられてしまったノラちゃんなので、
愛おしく思われるのです。

人間に石を投げられたり、追っ払われたりした経験からか、
人を見て、危険を察知するとすぐに生垣の陰に逃げ込みます。

私には、そうしたことをしない人間だと学習したのか、
機嫌が良いと、
「ニャン」といって側まで来てくれます。
まん丸な二つの目が、とってもチャーミングですね。

ノラちゃんたちは、
これから寒くなると大変です・・

Sponsored Links

<< ノラちゃんも・・秋から冬へ  【BACK TO HOME】  残暑の厳しさにネコちゃんも >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ